2018年9月30日日曜日

ヴェロへ




 パタティ パタタ
 歌うように言っていた
 パタティ パタタ
 意味は おぼえていない
 
 パタティ パタタ
 肩をふるわせ
 パタティ パタタ
 泣いたことも忘れていた。

 パタティ パタタ
 笑顔がひどいと
 パタティ パタタ
 鼻を鳴らして笑った。

 お父さんがアルジェリア人だと言っていた。
 いつまでもフランスにいていいのよ、
 と言ってくれた。

 パタティ パタタ
 ヴェロのやさしさに
 パタティ パタタ
 ぼくはこたえたい。

 パタティ パタタ
 どれだけ努力したら
 パタティ パタタ
 また会えるのか。


 

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

見たことのない海が見える(佐渡山豊、アコパ・ライヴレポート)

   一応、ぼくたちはクラス分けテストを受けている。  それぞれが違う学校にも通ってきた。  いい塾があり、いい学校があり、その先にもいい会社がある。  「つまらない」とぼくは旅に出た。父親の許しを得て。  好きだった恋人とも離れ、「つらいだろう」と父は...