2018年9月24日月曜日

黒い星


色かたちによって、わたしを測り、また音声によって、わたしを尋ねもとめた人々は、貪欲や情欲に支配されているのであって、(実は)わたしのことを知らない。」ラクンタカ[・バッディヤ]長老




  ケトン体、タンパク質の燃え滓だ。
 死後の事は、仕事にならん。
 医者もわからん、死期は分かるかもしれないが。
 歯牙にもかけず、葬儀は難儀。
 太陽も死もこれを見つめることはできない。

 たいまつが洞窟のなかを明るく照らす。
 それが理性であり、啓蒙であるとしても、
 どこかそれは箱庭的だ。
 人類は釈迦も、国境も越えて、
 目指さなければならない、黒い星を!

 If you sing out loud, you are about to lose yourself.
  If you sigh, you must have been weaving for such a long time.

 不幸しか人を育てない。
 そして、好きじゃないから分かる、ということもある。
 愛の話だ。
 
聴け。
 薬という薬は、症状を固定するためにあるらしい。
 元医学生の安部公房が言ってた。
 真偽のほどは、自分で判断するしかない。
 一度切りの言葉を呑むんだ!



愛別離苦
怨憎会苦
求不得苦
五蘊盛苦
 

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

見たことのない海が見える(佐渡山豊、アコパ・ライヴレポート)

   一応、ぼくたちはクラス分けテストを受けている。  それぞれが違う学校にも通ってきた。  いい塾があり、いい学校があり、その先にもいい会社がある。  「つまらない」とぼくは旅に出た。父親の許しを得て。  好きだった恋人とも離れ、「つらいだろう」と父は...