2018年6月12日火曜日

神秘論② 社会体の根源



インスピレーション → 社会体

社会体の始源、根幹を為すのが、天啓(インスピレーション)ではないか、というのが私の関心です。
 インスピレーションは通常、芸術、あるいは預言として宗教では訪れることになっていますが、逆にインスピレーション自体が芸術、宗教の根源として、いわば純粋直観として訪れるのではないでしょうか。宗教があり、芸術があるから、直観があるのではなく、直観を表現、現出するためにこそ、そしてその先に交流があるからこそ定式としての宗教、芸術に固まる必要があるのだと私は思います。
 夢うつつのなか、あるいは突然訪れた、言語にまだならない想念、これを表現することを介して、表現されたものを媒介として、人々との交流を生み出す。そして、この交流こそが社会体へと人々を結びつける働きなのではないでしょうか。
 また、これを国家の枠組みで考察すると、神秘こそが法源、国家をも構成していく最初のきっかけではないか。建国神話、ナショナル・ヒストリーもまた、共感を形作る初動としての神秘ではないでしょうか。
 
もっともこれに対し、近代科学は統計といった数理を通して、票を数え、それを世論として構成してきたとも見えます。議論を通して、一般意志にたどり着くということが省略されがちな昨今の政府。それから、一部の権力者たち、内閣の一存で、あるいは大統領のツイッターで戦争さえ起きかねないようなフィクションを生きる昨今。
キャッチーなポピュリズムが「先進国」で流行するのに抗して、天啓、インスピレーションはしばしば、対抗軸としてのテロリズムの温床と見られても仕方がない現状があるのではないでしょうか。
 問題は幾分古代的な、「誰が正統な神秘を持っているか」、ではなく、いわば「ライシテ(理性、合理主義、政教分離)が近代以降、現代に通用し続ける基盤はあるのか」、という別の大きな問いかもしれません。
 カリスマを通じての預言、一般意志を政治の根幹に据えるのか、あるいはさらに発展させ、数理科学としての票を基盤に党の公理としてもそれを遂行していくのか。
むしろ時代は逆行し、カリスマを求めているようにも見えます。インスピレーションは国会よりも地域の祭、ライヴハウスにこそ求めたい。私は何歩譲っても政治=国会にはたどり着かない気がしています。
官僚制の周到さも時々ひっくり返してかき混ぜないと淀む。政治を委棄しながらも、時々は目を見やるという態度は今でもまだできるのではないでしょうか。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

見たことのない海が見える(佐渡山豊、アコパ・ライヴレポート)

   一応、ぼくたちはクラス分けテストを受けている。  それぞれが違う学校にも通ってきた。  いい塾があり、いい学校があり、その先にもいい会社がある。  「つまらない」とぼくは旅に出た。父親の許しを得て。  好きだった恋人とも離れ、「つらいだろう」と父は...