2015年9月6日日曜日

ガリカイ・ティリコティさんのライヴ@アフリカ大陸!


 
 ポジティブに時代を超えていく力が、ガリカイさんとムビラのつながりにはある。
特にガリカイさんのホショ(マラカス)の変幻自在には熱中した。写真家さんがたくさんガリカイさんの写真を撮ってくださったと思うが、ぼくは圧巻されていた。
一曲目で、ほんとに先祖の精霊が来たと感じた、すごくポジティブな曲で、先祖も楽しい雰囲気に包まれたよう。
今日は、ライヴに行く前に、沖縄のとーとーめについて考えていたが、今日はガリカイさんの演奏前にインタビューできた。
先祖がどういう道をたどり何を経験したか知ることによって、自分たちは未来を見据えることができる。
今日は、ガリカイさんの歌とムビラ演奏を通じて、ぼくも、ダイレクションを決めることができた。
漠然と西、そして軍、ということが思い浮かんだのは、何の暗示だろうか?
ほんとに精霊が降りてきていたのは、ぼくの症状だけでは説明しきれない、脳と音楽の不思議な作用。
血流も、血圧も活性化され、穏やかな流れになったように思うのだ。飢餓感、空腹もない。
完全に近づいた人として、ガリカイさんのことは、2013年に多くの人に語ったが、また多くの人が、大事な人たちがガリカイさんに出会うことを願っている。
これからも全国でツアーがある。
静岡、広島、四国、北陸、京都、など鹿児島までツアーは展開される。ガリカイさんには迷える人は出会うべきだ。
四の五の言う必要はないほど優れた人です。


http://www.mbira.jeez.jp/mbiralive/mbira-live-schedule.html





追記:ガリカイさんは幻聴、幻覚を読める人。自分の見ているものが見える人。明鏡止水、禅の達人にも通じる。
 ぼくは、例え、幻聴、稀に幻覚があっても、その意味まではまだ読みとれず、せいぜい見ずに、聞かずに済ますことができるだけ。幻聴は確かにあるが。
 ガリカイさんは、広大な心の領域の意味、をおそらく知っている人。だからこそ、学びたい。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

見たことのない海が見える(佐渡山豊、アコパ・ライヴレポート)

   一応、ぼくたちはクラス分けテストを受けている。  それぞれが違う学校にも通ってきた。  いい塾があり、いい学校があり、その先にもいい会社がある。  「つまらない」とぼくは旅に出た。父親の許しを得て。  好きだった恋人とも離れ、「つらいだろう」と父は...