2015年5月20日水曜日

マルクス・ブルース


 マルクスには
 肌触りがない
 優しさだけは
 感じていたけど。

 イズムと主義者の
 目の真ん中に
 メガネの柄さえも
 見えてやしない。

 忘れた言葉さ
 純粋さとか
 Purety,
  プルトニウムみたいさ。

 広げた話に
 慌てふためいて
 フリーダムにも
 限度はあるのさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

見たことのない海が見える(佐渡山豊、アコパ・ライヴレポート)

   一応、ぼくたちはクラス分けテストを受けている。  それぞれが違う学校にも通ってきた。  いい塾があり、いい学校があり、その先にもいい会社がある。  「つまらない」とぼくは旅に出た。父親の許しを得て。  好きだった恋人とも離れ、「つらいだろう」と父は...