2014年8月11日月曜日

この時期、再度、ヒロシマ・ノワール!

 この時期にもう一度念頭に上るのが東琢磨さんの『ヒロシマ・ノワール』。ブログで感想を書こうとも思っているけれども、今は自分も考え続けることが答えになるんじゃないかと思って、まだ文章は書いていないです。
 この時期、そして原爆以後と原発以後を接続して考え続けるためにも、ぜひ、手にとって読んでいただきたい1冊です。



0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

見たことのない海が見える(佐渡山豊、アコパ・ライヴレポート)

   一応、ぼくたちはクラス分けテストを受けている。  それぞれが違う学校にも通ってきた。  いい塾があり、いい学校があり、その先にもいい会社がある。  「つまらない」とぼくは旅に出た。父親の許しを得て。  好きだった恋人とも離れ、「つらいだろう」と父は...