2014年7月1日火曜日

「集団的自衛権」反対デモの様子


日比谷公園は花が豊富。




まず、ネコと遊ぶというか、ネコを発見。



そして、集団的自衛権反対デモへ、
戦争はみんなしたくないというコールを何回も個々の口から聴いた夜。







全学連、
政権即時打倒、という強いメッセージを何人も拡声器からは聴いた。
生活者の実感としてそうなのだろうか、とも思う。
集まった人数、メディアによれば2万5千、
やつらには数字が大事だ。個々に分け入って思考することもないわけだし。

高い車で、高い所から取材する、メディアも堕ちたものだと思うな。
それは記事を読む側がバカになったのかもしれない、眠ったままなのかもしれない。

全体的な印象としては、人びとの本当に戦争はいやだという表情、顔に励まされ、声に励まされ、本当に行ってよかったなと感じます。


Power to the people!

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

見たことのない海が見える(佐渡山豊、アコパ・ライヴレポート)

   一応、ぼくたちはクラス分けテストを受けている。  それぞれが違う学校にも通ってきた。  いい塾があり、いい学校があり、その先にもいい会社がある。  「つまらない」とぼくは旅に出た。父親の許しを得て。  好きだった恋人とも離れ、「つらいだろう」と父は...