2014年6月17日火曜日

6月26日@地下大学、【W東の幽霊コント】お知らせ、【拡散希望】

*********<地下大学 のご案内>
     W東の幽霊コント
【日時】:626日(木) PM 1900

【内容】:かつて、マルクスはこういった。「ヨーロッパに幽霊が出る。共産主義という幽霊である」
ふと、気づくと、広島には幽霊が現れない。ところで、いまや、日本も世界もさまざまな亡霊やゾンビに溢れかえっている。
安全神話もあれば科学信仰も…。

トンツク、トンツク…。いったい、何を私たちは見ているのだろう…?
幽霊なんだか妖怪なんだかゾンビなんだか。それは、こっちかあいつらか。
はやく人間になりたーい。ダミだ、こりゃ。

『ヒロシマ・ノワール』で取り憑かれてしまったカリビアン・モンゴロイドのひがしと、
東京・武蔵野移民二世、モンゴルとフランスを右往左往、ルーツのヒロシマを含め様々な場所からの発言を続けるあずまの、
W
東が、東奔西走するコント志向のトーク。フレンチ・モンゴル料理もお出しする予定です!

【出演者】:東琢磨(批評家)/東和史(詩人、翻訳者) http://shiyauta.blogspot.jp/

【会場】:高円寺北口:素人の乱12号店 北仲ホール(仮)
北口から北中通りのちょっと先、アヤマ接骨院脇の階段を昇った奥。
http://trio4.nobody.jp/keita/shop/12/map.html

【地下大学 HP
http://www.chikadaigaku.net
                                
・資料代500円+投げ銭 よろしくお願いします!

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

見たことのない海が見える(佐渡山豊、アコパ・ライヴレポート)

   一応、ぼくたちはクラス分けテストを受けている。  それぞれが違う学校にも通ってきた。  いい塾があり、いい学校があり、その先にもいい会社がある。  「つまらない」とぼくは旅に出た。父親の許しを得て。  好きだった恋人とも離れ、「つらいだろう」と父は...