2014年5月8日木曜日

忘れ物の場所-東京外語大-(詩)

  
忘れ物を忘れる場所
 サッカー部をやめた日に
 ユベントスのユニフォームと
 スパイクを
 教室に忘れてしまった。
 それからぼくが誰かの
 イムジン河の楽譜を拾って、
 貰っていったこともある。
 東京外語大。
 校舎は移っても、
 忘れ物を交換する場所。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

見たことのない海が見える(佐渡山豊、アコパ・ライヴレポート)

   一応、ぼくたちはクラス分けテストを受けている。  それぞれが違う学校にも通ってきた。  いい塾があり、いい学校があり、その先にもいい会社がある。  「つまらない」とぼくは旅に出た。父親の許しを得て。  好きだった恋人とも離れ、「つらいだろう」と父は...