2014年1月7日火曜日

パリからのカード


パリから素晴らしいカードをいただきました。



アポリネールの未来という詩を書いてくれましたね、カリギュラムという遊び心のある書体ですね。

パリにいたときの大事な友達です、今年は日本に来れるといいなと思いますが、ゆっくり雪を見ましょうね、というような詩でした。焦らず、ゆっくり未来を見たいですね。

L'avenir


Soulevons la paille
Regardons la neige
Écrivons des lettres
Attendons des ordres

Fumons la pipe
En songeant à l'amour
Les gabions sont là
Regardons la rose

La fontaine n'a pas tari
Pas plus que l'or de la paille ne s'est terni
Regardons l'abeille
Et ne songeons pas à l'avenir

Regardons nos mains
Qui sont la neige
La rose et l'abeille
Ainsi que l'avenir 


Guillaume Apollinaire


(以下、私訳)


未来
 
 麦わら帽子を上げよう
 雪を見よう
 手紙を書こう
 上手く行くのを待とうよ

 タバコを吸おう
 愛について思い深め
 石垣がそこにある
 バラを見ようよ

 噴水は枯れていない
 麦わらの黄金色も色あせていない
 ミツバチを見ようよ
 そして未来のことは詮索しない

 わたしたちの手を見よう
 雪そのものだ
 バラとミツバチ
 つまり未来だ


 ギヨーム アポリネール


0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

見たことのない海が見える(佐渡山豊、アコパ・ライヴレポート)

   一応、ぼくたちはクラス分けテストを受けている。  それぞれが違う学校にも通ってきた。  いい塾があり、いい学校があり、その先にもいい会社がある。  「つまらない」とぼくは旅に出た。父親の許しを得て。  好きだった恋人とも離れ、「つらいだろう」と父は...