2011年12月25日日曜日

震災に対してあまりに無垢な

震災に対してあまりに無垢な
無傷な詩を書いたので
ぼくはそれを発表できずにいます。
神戸、東北、
ぼくのあまり知らない土地、土地…
今、9ヶ月が経って、
年が改まろうとしています。
無垢で無傷なはずがない、
そう思う冬ですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

見たことのない海が見える(佐渡山豊、アコパ・ライヴレポート)

   一応、ぼくたちはクラス分けテストを受けている。  それぞれが違う学校にも通ってきた。  いい塾があり、いい学校があり、その先にもいい会社がある。  「つまらない」とぼくは旅に出た。父親の許しを得て。  好きだった恋人とも離れ、「つらいだろう」と父は...